E.S.C

埼玉県川越市の税務会計年金コンサルティング専門の公認会計士・税理士事務所です。

TEL:049-257-5790
FAX:049-257-5786
電話受付時間:平日10時~18時
メール相談はクリック 
メール

税務・会計・年金・保険なら 原 浩一公認会計士税理士事務所

事務所案内へのリンク料金体系へのリンク契約までの流れへのリンクプライバシー ポリシーへのリンクお問い合せへのリンク

サービス

セカンドオピニオン

   ・セカンドオピニオン

  1、セカンドオピニオンとは
  2、税理士によって税務判断
    がことなる
  3、こんな経営者様に最適
  4、当事務所のサービス



  ・業務一覧
   ・法人様向けサービス
   ・個人様向けサービス
   ・経営コンサルティング
   ・相続/贈与
   ・起業/会社設立支援
   ・新設法人支援
   ・決算のみご希望の方
   ・セカンドオピニオン
1、セカンドオピニオンとは
セカンドオピニオンとは、医療の世界で使用されている言葉です。
現在の医師の検査の結果や治療の方針等について、主治医以外の専門の医師に意見を求めるもので、患者様にとっては、現状の病気に関する情報を2人の医師から得ることにより、最適な治療を自ら選択できることになります。
文字通り「第二の意見」となります。
 
概して専門家の関わる業務は一人の判断に依存することがほとんどです。
会計事務所の世界でも、様々な経営課題の相談相手として、1人の顧問税理士の意見で判断することが通常です。
そこで、経営者様の選択肢を増やすために取り入れられるのがセカンドオピニオンとなります。

2、税理士によって税務判断がことなる
税務おける判断は、税理士によって異なることがあります。
それは、見解の相違ともいえるもので、どちらが正しいかの区別もつかないこともあります。
場合によっては会社の利益に少なからず影響する判断もあるでしょう。
そんな時、他の見解を知ることは顧問税理士が一人の場合にはなかなか難しいものです。
多くの会社は、他の見解を知らない現在の顧問税理士の見解で判断されていることでしょう。

3.こんな経営者様に最適
一般的にセカンドオピニオンは以下の場合に取り入れられます。

現状の税理士に不満はないが、複数の税理士の意見を取り入れて、選択肢の幅を広げたい
現在の税理士に不満があり、変更する前に一度他の税理士の意見を取り入れ、現在の税理士が自社にとって最適か判断したい
ある業務に関して現在の税理士の業務に不安や疑念があり、セカンドオピニオンで判断したい
言いづらいことを事前に相談したい
コンサルティングがしてほしい
同年代の税理士の意見が聞きたい
こまかな経理指導をもっとしてほしい
顧問税理士をかえることが、事情があって難しい 等

注意点しなければならないのは、あくまで第2の意見であり、現在の顧問税理士との契約を解約する必要は
ないことです。

4、当事務所のサービス
当事務所のセカンドオピニオンは、現在の税理士の業務対する当事務所の見解をお答えするものです。
秘密厳守で対応しておりますので、ご気軽に御相談ください。

 サービス料金:無料
メール・電話・又は当事務所での対応となります。
回数に制限はありません。
 
セカンドオピニオン 

350-1131 埼玉県川越市岸町1-25-54 明成ビル201 原 浩一公認会計士税理士事務所
Copyright c 2012 E.S.C税務会計コンサルティング All Rights Reserved